借金返済対策マニュアルについて

過払い請求についての基礎知識

気軽に投資を行える分ついつい必要以上のお金を投資してしまう方もいるのではないでしょうか。

 

テレビCMや、電車の中吊り広告などで、過払い請求に関する広告を良く見かける事が多い。広告だけを見ていると、あたかも借金をしている人であれば、誰でも過払い金が戻ってくるような印象すら受けるが、当然そんな事はない。

 

そもそも、過払いが発生するのは、出資法と利息制限法で異なる利息制限が設定されていた事が原因なのだ。

 

一時、消費者金融などの融資が社会問題に発展したこともあって、現在は利息制限法で定められた利息で融資を行っており、最近になって消費者金融で融資を受けた場合は、ほぼ該当しないと考えておいたほうが良いだろう。

 

場合によっては、探偵へ調査をしてもらうことも必要でしょう。

 

しかし、債務整理の方法は他にもあるので、いい客寄せのためのキャッチコピーのように使われているのが実体なのである。

 

弁護士などに相談する前に、まずは自分がいつ借り入れを行い、その当時、どれだけの利息を取られていたのかを調べることが必要だ。

個人再生のメリットとは?

個人再生手続のメリットとしては、やはり、負債額を大きく減額できる点だろう。

 

例えば、消費者金融に対する負債額が、利息制限法による再計算をしても400万円程度ある場合でも、手続をとれば、100万円程度にまで負債額が減額することも可能だ。原則として再生債権の20%か、100万円のどちらか多い額を支払えばよいのだ。

 

 

このように減額された負債を、3年間ないし5年間で支払えばよいので、任意整理が無理でも、個人再生であれば支払いが可能になる場合が多い。

 

また、借金の原因がギャンブルや浪費であっても、返済が可能であれば、自己破産とは違って特に問題にはならない。

 

住宅ローン特別条項というものを利用すれば、住宅ローンだけはそのまま支払い続けて自宅不動産を保持しつつ、返済を続けていくことも可能だ。
自営業者の場合も、廃業することなく営業を継続しながら、負債額を大幅にカットする事もできる。