取り立ての電話対策

取り立ての電話対策

借金の返済期限までに、返済をすることができなかったとする。この時、債権者側から、あなたのところに電話が入るはずである。これは、大手の消費者金融で行うことであり、債権者の持っている権利を行使したにすぎない。

 

 

 

もし電話がかかってきた場合、どのように対処をすればいいのだろうか?
まず電話に出ないというのは、絶対にやめるべきである。相手の心証が悪くなってしまい、自分を不利な立場に置いてしまうだけである。

 

 

 

きちんと電話に出て、自分の置かれている状況について、きちんと正直に話をすることです。もしかすると、数日経過をしたら、給料が出て、お金を返済することができるかもしれなかったとする。そうすれば、そのことをきちんと相手に話す。

 

探偵事務所 大阪の総合探偵社リロードはこちらから。
 

 

すると、通常の消費者金融であれば「了解しました、それでは○○日に返済ということで、お待ちしています」で電話はきられるはずだ。よほどの長期間の延滞でない限り、ある程度こちらの言い分も聞いてくれるのが一般的である。