ヤミ金の返済義務

ヤミ金の返済義務

借金返済に困ると、多重債務状態に陥るということもあるかもしれない。このとき、ついうっかりヤミ金に手を出してしまうこともあるだろう。

 

 

 

ヤミ金は、法外な利息を請求してきたり、昼夜問わず執拗な取り立てをしたりなど、非合法な取り立てをしてくる。これによって、債務者が精神的に追い詰められることも少なくない。

 

 

 

しかしヤミ金からの借金は、返済の義務がなくなる可能性もある。その根拠となるのは、以下のポイントだ。

 

 

 

まずは、民法90条に公序良俗に反する契約については、無効とすることができるという規定があります。ヤミ金は、法律違反で取り立てをしているわけだから、公序良俗違反に当たる。つまり貸借契約自体が無効になるので、返済をする必要がないということになる。

 

 

 

また民法708条には、不法原因給付の規定がある。これは、公序良俗に反する契約でお金を得た場合、そのお金には返還義務はないという規定である。つまり、返済の義務はないという風に解釈をすることができる。

 

陶芸教室の東京 新宿 陶芸 ガラス フラワーアレンジメント サンドブラスト教室 陶芸教室 体験 はプロップスアートスクールはこちらから。