過払金問題について

過払金問題について

消費者金融系のカードローンでキャシングをした場合やサラ金業者から借金をした人たちの中には支払ってきた返済金の中に利息を余分に支払わされているケースがあります。

 

子供 英会話

 

これは、国が定めた利息制限法の上限を超える金利を金融業者がいつの間にか徴収していたからなのです。全く不思議な事ですが、大手の消費者金融業者でも平然と行なってきていたのです。

 

 

 

このことが大きな問題になったことで、現在では知らない間に余分に徴収されてきた過払い金利を請求すれば返してもらえるようになりました。今までに余分に徴収されていた金利を元金の返済に当てたら元金の残高がもっと減っていたはずです。

 

 

 

元金が減っていれば支払利息も更に減ってきていたのです。ですから、このような不当な利息制限法違反の過払金は金融業者に請求して返却させる必要があります。様々な事情があって借金を抱えて苦しんでいる方々にとっては切実な問題です。

 

 

 

借金地獄になって債務整理をお考えの方にとっては、弁護士や司法書士に依頼して債務整理の中で消費者金融業者に対して過払金請求をしてもらうことで、かなりの借金が軽減できることがあります。

 

 

 

長い期間金融業者からの借金返済を続けてきた方の場合は、過払利息の金額もかなりの金額になっていることが多々あります。具体的には過去に6年以上継続して返済をしてきた方の場合は過払金が発生していることが多くなります。

 

また、既に全ての返済を済ませた方の場合でも返済終了後から10年以内でしたら金融業者にたいして過払金返還の請求が可能です。