会社設立で掛る料金

会社設立で掛る料金

会社設立を専門的にお手伝いしている事務所があります。税理士や会計士とはまた違い、設立を専門に扱っているのでもしかしたら仕事も早いし、料金も安くなるかもしれません。これらに関しては絶対とは言い切れませんが、税理士や会計士に関しては知識が豊富でお願いする分には十分だと言えますが設立以外にもいろいろな案件を抱えていると考えると専門のところにお願いしたらいろいろとメリットがあるかもしれません。

 

 

 

ただ考えすぎかもしれませんけどね。もちろん税理士や会計士にお願いしたら設立したあともいろいろとお世話になるかもしれません。逆に設立専門の事務所だとその場限りとなってしまいます。

 

 

 

あなたならどちらを選びますか?ちなみに今回は専門の事務所についていろいろと説明したいと思います。ある専門の事務所にお願いしたらどのくらいの費用が掛るのか見ていきましょう。

 

 

 

設立するにあたり公証人役場に支払う定款認証費用が必要となります。その中には収入印紙代4万円、定款認証手数料5万円、謄本手数料2,000円の合計9万2000円が必要となってきます。

 

 

 

しかし事務所にお願いしたら電子認証の手続きとなるため、収入印紙代4万円が掛らずに済むのです。また登記所(法務局)に支払う登録免許税も最低15万円は掛りますが、依頼した場合オンライン登記申請による軽減措置により4,000円を節約することができます。2つ合わせると4万4000円節約した…ということになります。