債務整理の基本

債務整理の基本

借金で返済をすることができなくなってしまった人のために、債務整理という方法があるということが、広く知られるようになってきている。債務整理をすることによって、現時点での借金の負担を軽減することができる。

 

 

 

しかし債務整理をする前に、もう一度はっきりさせておくべきことがある。それは、債務整理で、自分が血を流さない方法はないということ。全く自分がリスクを冒さずに、債務だけがなくなっていくという方法は、はっきりいってない。

 

 

 

債務整理というと、債務者にとってメリットになることしか紹介されていない場合も少なくない。そのため、債務整理に必要以上に多大な期待をかけようとする人もいる。しかしそれは大きな誤解であることをきちんとつかんでおこう。

 

 

 

例えば、債務整理をした後に、再び資金繰りに困ったとする。しかし借金をしたくてもできない可能性が極めて高くなる。

 

 

 

借金の返済をすることができなかったということが、あなたの信用に傷がつくことになり、貸し出しをするに信用のたらない人というレッテルを貼られるからだ。